2011年01月25日

ATMOS The Ninja

Atomos Ninja Product Image.jpg

Atomos The Ninjaが地味にスゴイ〜
この武骨にゴロッとしたデバイス、何かというとデジタル一眼レフやビデオカメラからの映像をHDMI経由で直接記録する箱。
通常カメラ内のメモリやHDに圧縮録画される映像データをカメラ内の圧縮や記録メディアを使わずに非圧縮クオリティで取り込んでしまう。つまり、カメラの本来得意とするレンズや映像素子はそのまま使って、圧縮による劣化を最小限に記録媒体の容量制限の足かせを外してしまう。

データは、非圧縮クオリティのApple ProResコーデックで記録されるので別途エンコードしたりせずにそのままFinalCutで即編集出来る。
メディアは2.5インチのハードディスかSSDをカートリッジ化して差し替えて使え、750GBのHDなら8時間の記録が可能。安価な360GBクラスの2.5インチHDをテープ代わりに沢山使うなんて事も出来ますね。
また、バッテリーについてもうまく考えられていて、背面にDVカメラ用のバッテリーホルダーが2つあり、切れたバッテリーから交換する事で記録を中断する事無く使える。どこまでも現場主義で実用本位な設定。
今後はプロやハイアマチュアには、動画撮影可能な一眼レフよりもHDMIパススルー搭載一眼レフの方が受けるんじゃないだろうか。

フォーカルポイントにて99,800 円 (税込)にて今月末発売。

追記:非圧縮では無く非圧縮クォリティと言う事だそうですので、加筆修正しました。
   Apple ProRes 422については、こちらをご覧下さい。Apple ProRes 422(PDF)
posted by スムース at 23:05| digital