2010年05月08日

Mac ProにSSD(OCZ Colossus)

L1000447.JPG

以前、Mac Pro (Early 2008)に入れたPro Driveを起動ドライブにしていたところ、ディスクメンテナンスの度にファイルシステムに軽度のエラーが見つかるようになり、どうにかしなきゃと思いつつ、今更RAID 0から普通のHDにダウングレードはさせたくないなぁと。んで、今期最後の設備投資で思い切ってSSDにしちゃいました。

という事で、「OCZ Colossus 3.5” SATA 512GB SSD」に換装してみました。
これ、一般的な2.5インチサイズSSDとは違い3.5インチサイズでデスクトップマシン専用設計です。内部は、256GB×2をRAID 0で束ねた512GBと速度重視な贅沢なつくり。読み書きともに公称260MB/sととても高速です。

これが実際Mac Proで使えるのかどうか、メーカーサイトにもMac OS対応とは書かれていないし、ネットでもMacでの使用実績など情報はほとんど拾えません。SATAの3.5インチですので、使えると踏んでここは人柱となって挑戦してみます。
Mac ProのHDベイに突っ込んでディスクユーティリティでの初期化、そしてCCCでの起動ドライブコピーも問題無く行えました。相性での返品は不可でしたので正直ほっとした。バッチリ使えます!

で、実際どう変わったかですね。
まず、少し不安になるぐらい起動が速くなりました。アップルマークが表示され、デスクトップが表示されて操作可能になるまでがまるでスリープ状態から復帰するような感覚というか、兎に角起動ボタン押して一服なんて暇はありません。
アプリケーションの起動に至っては、safariなどはDocのアイコンをクリックしてからアイコンジャンプが一回終る前に一瞬でブラウザウィンドウが現れる。パソコンの体感速度がCPUの速度よりもI/Oのボトルネックに起因している事を体感。
ちなみに、サブマシンのMacBook Pro15インチ ハイレゾの方も同時にSSD化をしました。こちらはSuper Talent FTM56DX25T 256GB SSDに換装してみましたが、同様に激速い。
Xbenchでのドライブテストの結果は以下の通り。Colossusの激速ぶりが良く解る。異常な数値をたたき出してます。
これからのマシン選びではワンランク上のCPUを選ぶよりSSDを狙うべし!です。

ssd_bench.jpg
posted by スムース at 23:47| digital