2009年03月15日

SETI@home

seti.png

先日、三軒茶屋のとある趣のある居酒屋にて、いつものガジェット最高会議(梶原さんFND h君)+岡宗秀吾氏という異例のメンツでの飲みの席。映画「コンタクト」とカール・セーガンのイイ話しになった。この映画の舞台となったSETI(地球外文明探査)についての話しに及んだが、ここで補足しときますね→h君。
SETIとは、地球外文明を地球上から探査するための実在のプロジェクトで、(詳しくはココを)その探査に僕達も参加すること出来る。
南米アレシボの巨大な電波望遠鏡などで集められる膨大なデータの解析を手伝う事が出来る。SETI@homeというプログラムは、スクリーンセイバーとして機能し、僕らが日常使用しているコンピューターの余ったパワーをネットワークでの分散処理に提供する。地球外文明探査、まさにSTAR TREKなこのプログラムのグラフィック、先日紹介した宇宙船エンタープライズのLCARSに似ている。
posted by スムース at 22:43| hobby