2009年01月19日

ディーター・ラムス展に行ってきた。

universal_shelving_system.jpg

週末にLC梶原さん率いる「僭越ナイト」に合わせて大阪サントリーミュージアムで開催中のBRAUN「ディーター・ラムス展」を見に行ってきた。なんとか会期中に見に来れて本当に良かった。図録同様にその展示数に圧倒される。数を見て改めて気がついたが、プロダクトとタイポグラフィが見事に融合してる。どちらか一方にデザインの軸があるわけじゃない、むしろどちらも極限まで要素を切り落とし融合する妙。
プロダクトを展示してある什器がとても良くて、VITSOE社製。これもラムスによるデザインで国内展開のパートナーを募集しているそうなので、どこかお願いします!
posted by スムース at 13:50| design, art