2009年01月18日

パウエル クライシス



昨年10月のNBCのインタビューでコリン・パウエル元国務長官が予告している通称「パウエル クライシス」のその日が迫ってきています。オバマ新大統領就任関連行事が行われる21日、22日に「予測不能の未曾有の危機がやってくる」という内容。同日、ジョー・バイデン次期副大統領も同様の発言をしているので、何かが起こるのは間違いなさそう。バイデンに至っては「単なる資本主義や市場の危機では無く、システマティックな問題」と言っている。
海の向こうではさまざまな憶測や噂が飛び交ってますが、どうも米ドル廃止、アメロ新通貨、アメリカのデフォルト(債務不履行宣言、アメリカ国債の紙くず化)などが有力なような...
その他、中東戦争やテロなどという不安を煽る噂も絶えず、イヤな雰囲気です。
また、ソマリア周辺のアデン湾へ海賊対策の名目で世界中の海軍船が集結してるのもキナ臭いというか、何が起きてんだろう?
ここ一週間はちょっと世界中の動きに注目かな。
posted by スムース at 18:58| hobby