2008年10月20日

大阪〜京都、けいぶん社

keibunsha.jpg

週末、大阪で催される通称「僭越ナイト」へLC梶原さんに同行させていただきました。
絶品焼き肉の「一斗」や京都の酵素風呂など梶原さんオススメのコースを堪能させていただいた模様は梶原さんのブログや同行したH君のFDNなどで見ていただくとして、京都で寄った「けいぶん社」について一筆。
けいぶん社は、古書、新刊を織り交ぜた本のセレクトショップなのですが、一癖あるセレクトで時間が許せば半日は見て回りたい感じ。脳裏にかすかに残る買い逃していたあの本や気になってたあの本がザクザクとあります。まあ、神田に行けば事が済むのですが、1店舗でのヒット率が高く、ちょっとした脳内の記憶整理にピッタリ。
店内ギャラリーで行われていた「アホアホ本エクスポ」も展示本をじっくり読めて、笑えます。

PA201882.jpg

サクッと一冊購入したのは、「キーボード配列QWERTYの謎」
英字キーボードの伝統的配列QWERTYはなぜQWERTYの順になったのか?通説になっている、「タイプライターのジャミングを防ぐ為にわざと打ちにくくした」を完全否定。活版からタイピングへ至る歴史と配列の変移、そしてPCへと、キー配列を機軸にした140年の歴史をひも解いてくれます。
posted by スムース at 14:27| hobby