2011年10月06日

ありがとう。

t_hero.png

Steave Jobsが亡くなりました。
それが近づいてたのは皆が感じてた事だと思います。

しばし、振り返ると、
僕の人生のほとんどにApple製品が大きく関わっています。
中学時代、マイコンブームの中、コマンドラインのカッコ悪い国内製PCを尻目に、
GUIの最高峰に憧れて、「いつかはMac」とAmigaを孤独に触り倒した10代。
そして、20数年前に触った憧れのMacintosh Plus、
桑沢卒業後、デザイン会社で僕専用に買ってもらったMac IIを隅々まで分解し、研究し、Canon 01ショップに日参して
ポストスクリプトとイメージセッターによる版下作成の基礎技術の研究を積み上げた20代。
1年目の給与とボーナスをつぎ込んで買ったMacIIcxは、トータルで200万もした、
旅行も行けないし洋服も買えなかったけどうれしかったなぁ。
6畳一間に毎年Macを1台づつ買い足しては最高のチューンナップを模索したあの頃。
今も基本的に変わらない延長線。
なんて楽しい日々だったことか。
簡単に総括は出来ませんね。
思いも大き過ぎて文字に出来ない。
中学生の日記みたいに「僕とMac」的にダラダラと羅列してしまいました。
でも、まあ、オビワンの様に僕の中では生き続けるでしょうね。
ありがとうスティーブ・ジョブズ。
これからもよろしくお願いします。
posted by スムース at 16:17| digital